イメージ 1 イメージ 2
 
かねて告知させていただいておりました東京カルチャーカルチャーの「磯遊び復興イベント」が、予定通り1月4日に開催できました。100名もの方々に集まっていただき、ただただ感謝に堪えません。これからもよろしく。
 
私も、共演者のサトウさん、ニイノさんも、60年前の磯遊びの姿になったり、裸にラクダの股引とシャツ姿で熱演したり、外を通る人びとが「何やってんの? 怪しい集会?」と、恐るおそる覗いておられました。また、会の終了後は、そのまま二次会になり、多くの方々と直接お話しする機会が持てました。いままで孤独な道だったので、同好の方々とお話しできたことがありがたかったです。当日の写真をすこしアップします。FIFTYさんのご厚意で提供いただいたスナップ写真をお借りしました。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 
当日の出し物は、プランクトンの世界紹介と、誰にもできるプランクトン採集、「食べるから排泄まで」のおもしろい観察(ムカデメリベの餌取りはすごかったですよ)、そして「採るから撮るへ」と題し、自然の叡智を知る方法としての磯写真をかんたんに撮れるグッズも紹介いたしました。私たちが二週間かけて編集した苦心の動画や静止画とともに、観ていただきました。
 
イメージ 3
 
イメージ 4 イメージ 5                                    
とくに最後の、磯写真のすすめでは、この趣味がただの道楽でなく、博物学・自然学への貢献になり得ることを強調しました。今後、みなさまの磯写真や水槽写真をお寄せいただき、そこに写った決定的瞬間を眺めながら生き物の暮らしを発見していきたいと思います。みなさまの写真を大募集します。応募方法は決まり次第告知し、発表会も開いて賞を贈呈することにしています。
 
イメージ 6
 とはいえ、第一回目は、こちらも舞い上がってしまい、十分に意をつくせませんでした。でも、会の終了後にみなさんが書いてくださったアンケートを拝見し、深海魚の話とか磯の探し方とか、さまざまなリクエストをいただいて、励まされました。これから、勇んで次の取材を進めます。
たとえば、海の観察から地球30億年の生き物の歴史を知る方法、磯でどうしたらおもしろい生物に遭遇できるかを知る技術、文化誌の面では世界の水族館の知られざる歴史(ほんとに水族館の歴史は不明なことが多いのです!)、古今の魚類学者にまつわる秘伝、などなど。これをぜんぶお伝えするには、イベントを数年継続する必要がありますね。
還暦をすぎての最大の楽しみと思って、これからどんどんイベントを開催していきます。できれば、ときどきは参加費が無料! みんなで実際に磯のフィールドに出て、あれこれ観察を試みる会なども、手弁当持参で開きたく思います。
 
さて、
今回、感謝をこめて、ひとつだけお土産話を書いておきます。私はいま、古い水族館を描いた美術の発掘に全精力を傾注していますが、ごく最近、とんでもない発見がありました。榎本千花俊(えのもと ちかとし)という近代美人画の大家をご存じでしょうか。明治版画の巨匠・鏑木清方の弟子で、日本画としては伊藤深水や橋口五葉に連なり、でも大正アールデコのモダン好みとしても石川寅治や小早川清に並ぶ魅力的な画人です。
 
この人に水族館を描いた絵があって、昭和14年(あるいは13年か)の文展に出品されたという記録がありました。探したところ、雑誌「アサヒグラフ」の増刊「文展編」(昭和14年)に現物が出ているのを発見、出展時タイトルも「魚窓」であることが判りました。ここに示したのがその時の出展写真です。
 
 イメージ 7 イメージ 8
 
ところがある日、アメリカのフロリダに出かけていた魚類分類学の泰斗で天皇陛下の皇太子時代から一緒にハゼを研究したという林公義さんから、電話がありました。なんでも、ふと立ち寄ってみた現地の美術館で日本の大正期モダンアート展をやっており、そこに飾られたとてつもなく大きな絵を見物したとき、一瞬で「これは明治32年に開館した浅草公園水族館の内部を描いたものにちがいない」と見破り、急いで報告してくれたのです。後で確認したところ、まちがいなく「魚窓」の原画でした。
 
林さんはこの絵から、「水槽のろ過システムが分かる、キュウセンという魚の正確な描写から、これが貴重な水族館資料にもなる」と判断し、私に教えてくれたのです。
浅草公園水族館といえば、閉館したのがいつなのか、いまだによくわからない幻の水族館なのですが、ここの二階演芸場で昭和の初めに榎本健一が「カジノフォーリー」という新型のレヴューを公演したところとして記憶されています。毎週決まった日に踊り子さんがズロースを落とすというデマがひろがり、大騒動になったことと、川端康成がこのレヴューに出演する踊り子たちの想いを描いた小説『浅草紅団』で日本中に知られたものでした。踊り子の一人だった女優の望月優子たちが「ほとんどお客のいない水槽の前で、手すりを支えに、ガラス面を鏡にして、練習しました」と語っていた、その魚窓と手すりが、これだったのです。
 
浅草公園水族館については、話したいことがいっぱいあります。閉鎖時期もいろいろな文献を探しまくって、ほぼ突きとめました。当時の入場券や引き札もみつけ、浮世絵にも登場していたことがわかりました。どこかの機会に、お話しできればと思っています。
     イメージ 9  イメージ 10                               
 
 

もう1231日、大晦日です。いや、早い! 私たちが開催する「観魚館(うおのぞき)」イベントまで、あと4日を残すのみ、お正月返上で準備を進めています。
 
いま、あらためてここ10年間の冒険を思い返しています。50年以上も海に通って生物採集と観察をつづけてきましたけれど、カメラを持つようになりスキューバダイバーの資格もとった最近10年の成果は、ほんとうに昔の比ではありません。こうして海のワンダーを求めてきた膨大な画像記録を整理していると、みなさんにお話ししたいエピソードが次々に出てきます。
イベント開催まであと4日、いったいどんなことをするトークショーなのか、知りたいと思われる方も多いでしょうから、ちょっと予告編をご覧に入れることにします。まずは、下の写真をごらんください。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
最近の探検シーンです。このように、私たちは水があるところなら急流の滝つぼまで行って、オオウナギやら、川の最上流、ほんとに純淡水のところまで登ってきている海水魚のアジ(ほんと、信じがたいです!)を見物しています。
ここはパラオ。地元の海底洞窟で古代種といえるウナギの新種を発見した気鋭の魚類学者さんに指導を受けながら、海から滝まで急流を登ってきたときの画像です。写真にあるようなトロッコで、山の中まで行き、そこから急流を上るわけです。このトロッコ、じつは戦前にパラオで日本企業が採掘していた鉱物資源を海岸まで運ぶ簡易貨車の線路にそって、最近観光用に付設されたものです。途中、戦前のトロッコ線路も見えます。
オオウナギはまた獰猛なんです。滝つぼの岩にすわって、銀紙に包んであったおにぎりを食べていたら、大きな奴が束になって岩の上まで登ってきて、銀紙の中をあさるんです!怖くなって逃げました。たぶん、光るものに襲いかかる習性があるんですね。
ついでに、海水魚のアジが滝壺に住んでいる証拠写真をごらんください。これは詳しく言うとギンガメアジという海水魚の子どもです。それから、中流域に住む淡水ハゼのフデハゼもついでに。日本にいませんが、パラオにはたくさんいて、すばらしく美麗でした。
イメージ 4
 
イメージ 5
それにしても、なぜ海の魚が山越え谷越え、こんな上流の滝つぼまで登ってくるのでしょうか? これまた信じがたいような方法でやって来るものが多いんです。この習性を探れば、生物がどうやって海から陸に上がることができたか、その大いなるミステリーが解けるかもしれません。目下、映像を撮影しようとしてますので、今回はまだ詳しくお話しできません。
 
それから、これも2013年のハイライト。いまのところ奄美大島でだけ観察できる奇々怪々、海の「ミステリーサークル」に遭遇できたところです。去年メディアにも紹介され、いったい誰が海の底にマルを描いたんだと、大騒ぎになりました。
イメージ 3
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
しかし、これを造ったのは人間じゃなかったんです。この作り手がやっと突きとめられ、私たちが探検に行く二週間前にはイギリスのBBCも撮影に来ていました。私たちは来た日が遅くて「ミステリーサークル」がだいぶん崩れていましたが、ほんとに正確なサークルなんです。土手になった円が二重にあって、中心部はきれいに平になっています。直径2m以上ありますが、なんとこれを造ったのは、体長10cmにも満たない小さなシッポウフグの新種だったんです。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
このフグをみつけるのが、また大変でしたが、私たちは幸運にもミステリーサークルに居残っていた一匹を奇跡的に発見できました。日頃から陰徳を積んでいたおかげなんでしょうね。でも、フグはこっちに襲いかかりますので、まちがいなく卵を守っているのだと思いました。これも、今年の夏にもう一度、オスメスで卵を産んでいるシーンを撮影しに行く予定です。成功したらイベント開いてお話ししますよ。でも、こんなにきれいなサークルをどうやってこしらえるのか? 今年はその現場を発見します。私、運だけはものすごく良いですから。
しかし、このサークルが発見された場所にも注意が必要です。ここは10年ほど前までサンゴがいっぱいの海であり、浅いところに大きな砂地がひろがるエリアではありませんでした。でも、ここからサンゴ礁すべてが消えてしまいました。あとに残ったのが、このだだっぴろい砂地です。このフグはそうなるまで、ずっと深い海底の砂地にいて、人間に知られることなく「ミステリーサークル」を造り続けていたかもしれません。環境の大変化が、このフグを発見させたのか? ミステリーはそうとうに深いかもしれません。
 
1月4日に行う第1回のテーマも、予告編と同じくらい神秘的なお話と映像が楽しめます!! ぜひぜひ、おいで下さい。
 
こうした自然の驚異を眺めながら、ミステリーを探究するイベントが、今年から開催されます。14日が、その第一回です。できれば何度も開いていきたいです。当日券もありますからどうか遊びにきてください。当日、お年玉が出るじゃんけん大会もありますよ。チケットの買い方や開催場所の詳細は、一つ前のブログを見てください。それでは、良いお年を。
イメージ 10
おまけの画像(上)。これはダルマガレイの仲間が2匹で争っているところ。
驚いたことに、一匹が2つ並んだ目玉を力いっぱい両側に引き離して、敵を威嚇していました。手前にいるライバル(ただし、砂に擬態した色なので、みつけるのは大変ですけど)の目玉の距離と比べてみて下さい。
 

イメージ 2
「夜の海は闇、でもブラックライトで照らすと幻想の世界が!!」
 
荒俣です。人間ドックに行っておりましたもので、更新が遅れました。さて、前回告知しました新年早々のイベント・トークショーについてお話しします。
 
高齢者世代に仲間入りした荒俣は、これまでに楽しんできた仕事をまとめる人生の歳末キャンペーン・セールに突入します。
オークションの話、怪奇旅行の話、そしてダイビングや世界レンタカーめぐりの話など、いろいろみなさんに引き継ぎたいことがありますが、その中でいちばん古く、小学生の頃から60年間にわたり楽しんできた「磯観察」――海の生き物を磯で採集したり観察したりする博物学を、今回本気で復興しようと思い立ちました。
イメージ 6
「水中を浮遊する亡霊みたいに、幼生たちが浮いている」
海の生き物を見る――これは、ほんとうに夢の地球旅行です。あなたは妖怪が好きですか?
でも、生きている妖怪に出会うことは(水木しげる大先生のような例は除いて)、まずないですよね。でも、海を覗けば、いるんです! それどころか、地球の古生代の光景も、みることができるんです。私は、自分が最初に生みの中という「異世界」の虜になったことを、ほんとうに幸運だったと思っています。お化けも、博物学も、幻想の世界も、本もマンガも、結局みんなここにつながっていたのですね。 
イメージ 3
「しかも、みんな透明なので、亡霊と同じだ!」
そういう驚きの世界を、みなさまにもお伝えしなければ、私の仕事は終われないと気づきました。そうです、海なんかまるで興味がない人にこそ、見に来ていただきたいイベントなんです。キーワードは、宇宙や怪奇や空想に満ちた「異世界」。
 
イメージ 4
「透明なアミ類が光をもとめて群れてくる」
イメージ 5
「これはカクレウオの幼生ですが、透明な人魂と同じです!」
これまで、一人で楽しんできたホンモノのワンダーを、初めてお伝えする試みだと言っていいでしょう。私はこの企画のために、たくさんのヴィジュアルを作っています。すこしでも、みなさんに「地球はすごい」と思っていただけたら、とてもうれしいです。
ぜひぜひ、お楽しみに。
 
1月4日午後三時開場、三時半開演、開宴、開園(どの字を使ってもいい!)
場所は、台場のZeppTokyoという場所の二階「東京カルチャー・カルチャー」。初めて聞く会場かもしれませんが、有名なモール「ヴィーナス・フォート」から地つづきに行けますので、目印にしてください。ユリカモメですと「青海」駅で降り、大観覧車の方へ進みますと、5分かからずに行けます。
ここはイベント・カフェです。席料が2300円かかります。あとはカフェですので、お好きなドリンクやフードを注文するかたちになります。
チケットは、当日券をお店で買っても大丈夫ですが、ネットで予約するなら、
から、はいれます。
イメージ 1
「私は異世界に会うためによるの海にもぐりました」
ここに写真をすこし貼り付けました。当日のお話しのネタに出てきそうな「海のワンダー」たちです。いろいろと想像を膨らませてください。皆様のご来場をお待ちしております! 
イメージ 10
「水をネットで掬っただけでも、こんなにいろいろな生ぶつにぶつかります」
イメージ 7
「やっぱり、夜の海は透明な亡霊に満ちています!」
イメージ 8
イメージ 9
「この亡霊界のような闇の海、いったい何を示しているのか?
今回のトークショーを皮切りに、いろいろと想像していきます。
博物学と妖怪学の合体!?どうぞ、多数お越しください。
お待ちしております」
 

↑このページのトップヘ