パワースポットではありませんが、注目スポットが沼津にあります。昨年あたりからトンデモナイ注目を集めているのが、深海水族館です。先日の土曜日、東名高速が大渋滞にもかかわらず見物に行きましたが、いやもう、驚きました。二年前の平日に行ったときは、お客さんも数人ほどで、じつにのんびりと展示がみられましたが、ダイオウイカはじめ多くの深海生物の浮上ラッシュと、昨年のNHKダイオウイカ番組の大ヒット、さらには科博の「深海」展示が重なり、深海水族館にも家族連れが殺到しておりました。
 
イメージ 1
    図01 沼津港深海水族館 入口
 
イメージ 2
    図02 水圧のすごさを実感できる実験パフォーマンス
 
イメージ 3
  図03 水族館バックヤード ほとんどの仕かけが手作りです。
 
 日本人のすごいところは、生き物好きと珍しい物好きが尋常でないことでしょう。しかし、深海生物のおもしろさは、もっと尋常ではないのです。今回、運よくメンダコが展示されておりました。ほとんど宇宙生命体か、あるいはアニメのキャラです。このタコは水深200m、深海と定義される深さのトバ口から1000mまでに生息していますが、ふわっとスカートのような傘膜をひろげて着底しているところは、たいへんにおもしろい眺めです。
 体は水っぽく、よく見ると水中でもかすかに波打っています。食べると、塩水みたいな味だといいます。こんな赤ちゃんみたいな弱そうなタコですが、匂いがけっこうケミカルな刺激性を持ち、漁師はいやがるようです。
 深海は流れがほとんどないらしいので、あのスカートをひろげて海水を抱え込むだけで浮いていられるのでしょう。そのかわり、小さな耳をパクパクさせるだけで泳げます。
イメージ 4
04 メンダコ やや上から
 頭の後ろ側に漏斗といいますか鼻みたいな水管が出ているので、目と鼻が表と裏に付いている感じがします。この漏斗で水を噴射できるようです。したがって、タコ類の大問題はいったいどっちが前でどっちが後ろなのかわからない、というところにあります。そもそも頭足類という名称も、頭の上に足があるという実に奇怪な体のデザインを指したものでした。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
05 メンダコ横からの撮影
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
06 メンダコの目側と漏斗側
 
それからヒカリキンメダイがいる黒い幕の中は必見です。驚くべき数のヒカリキンメダイが、悪魔の眼みたいに吊り上った発光皮弁を光らせて群泳しています。以前は飼育しているうちに光が弱くなる傾向があったそうですが、駿河湾名物サクラエビを餌にしたところ、光が弱まらなくなったばかりか、健康も維持できるようになり、この二年間一匹も死んでいないとのことでした。
 
しかし、驚いているだけでは、博物学の楽しみは満喫できません。じつはヒカリキンメには2種類あって、背びれがひとつだけのオオヒカリキンメというのもいます。こっちは光り方がさらに強い。さて、闇の中で無数に光る発光器を見比べ、2種類の区別に挑戦してみました。そして、わかりました! ふつうのヒカリキンメはピカピカ明滅しますが、オオヒカリのほうは発光器を「まばたき」させず、ずっと見開いているのです。石垣館長にうかがったところ、オオヒカリキンメはこの群れに2匹だけ混じっているとのこと。ぜひ発見してみてください。
 
イメージ 7
  図07 ヒカリキンメダイの群泳
 
そうそう、二階もおもしろいですよ。シーラカンスやラブカの標本・模型が見物できます。目玉はシーラカンスの脳。あの大きさなのに、脳はわずか
5gです!私は、展示されている液浸標本の脳を見て、ゴミが浮いてると思ってしまいました。ラブカの幼魚の実物標本もじつにめずらしかったです。
 
イメージ 8
     図08 シーラカンスの冷凍標本 実物です
 
イメージ 9
   図09 シーラカンスの脳 体重80kgですが、脳はたった5g
 
それから、これは以前来た時に写したサケビクニン。ふにゃふにゃしたお化けみたいな姿が気に入っておりました。今回は見かけませんでしたが、こういう異次元の形態をした生き物が常時展示されているので、見飽きません。
 
イメージ 10
   図10 サケビクニン カサゴ目の魚です
 
目の前の海から深海生物を捕ってこれる沼津港。まさに、知られざるパワースポットです。ちなみに、石垣館長は数年前まで、ごはんも三度三度食べられるかどうかとご本人が笑うくらい厳しい暮らしぶりだったそうです。というのは、すぐ死んでしまう上に、どこに何が住んで居るかもかわからない深海生物を追いかける仕事は、損失ばかり大きい赤字続きの冒険だったからです。それが一発逆転したのは、メキシコ沖でダイオウグソクムシを20数匹、数百万円の損害を被りながらも採捕することに成功、いくつかの水族館がその引き受けに手を挙げてくれたおかげだと聞きました。そのダイオウグソクムシ、実は陸上のダンゴムシの仲間ですが、あいにく今は展示されておりません。が、その一種で、ちょっと小さいオオグソクムシなら日本近海に生息しているので、ここでもたくさん展示されております。ガラス面の外側に冷水が流れ落ちているので、ほぼ0度の冷たさを指で実感できます。
 
イメージ 11
11 これは小さいオオグソクムシ ガラス面に冷水が流れてます
 
こんなリスキーな仕事に情熱をぶつける人がいたからこそ、今のブームにつながったのですね。詳しい話は差し控えますが、奥さんが偉かったと思います。パイオニアの生きざまを聞くにつけ、何やら分からぬ、やる気と勇気を、もらえました。

ついに遭遇してしまいました!
3月7,8と2日間にわたる屋島探検でのことです。例のソチオリンピックのスキー競技で頻繁に登場した小さなタケトンボみたいな怪飛行物体を、覚えている皆さんも多いことでしょう。
そう、これです!
イメージ 1
            出典 blog-imgs-61.fc2.com  からお借りしました。ありがとうございます。
 
 
これと同じようなものが、パワースポットとして有名な屋島の上空に現れたのです。マルチコプターという人工物でした。しかし、小さいのに六つの回転翼を巧に操作して自在に飛び回れるのです。小型カメラが取り付けてあるので、動画が撮れます。まるでトンボかスズメにカメラを搭載して撮ったかのような、すごく近い地上俯瞰図が取れるのです。
イメージ 2
 
この仲間は日本でも活躍していたわけです。屋島は古代の城やお寺の址が残っており、それを上空から観察しようとしていました。私が関心を示しますと説明してくれました。コントロールはラジコン式です。この装置の値段は160-170万円、操作には熟練を要するようですが、海に落ちたりすると保険がきかないので大変だそうです。ただ、対物、対人の被害への賠償だけは保険がかけられるのですが、単純落下だと自己責任です。これで余裕を見て5分間の撮影をします。バッテリーをかえれば連続撮影も可能です。
 
私はこのリモコンをもたせてもらい、いたく感激しました。おもしろかったのは、飛ばす前に「儀式」があることでした。スイッチを入れて、機体を両手でもちあげ、その場で360度回すのです。どうやらGPSの機能確認をしているようなのです。
動画をUPしたいところですが、やり方がわからないので研究しておきます。
イメージ 3
 

お待たせしました!!
スペインレンタカーの旅、第二弾です。
パリ経由でスペインのビルバオ空港に到着すると、レンタカーを借り、フランス国境方面東へ80キロのドノスティア・サンセバスチャンへ向かった。今や世界に名だたる美食の街サンセバスチャン。人口わずか18万の街にミシュランの星付きレストランが近郊も含めると、5件もある。料理大学を開き、レシピを公開するなど全体をレベルアップする方法で町おこしに成功したサンセバスチャン。三ツ星ディナーは、長旅で疲れた胃にはうけつけないが、もっと手軽な美味しいバルの梯子で、ピンチョスを味わい尽くす手があるじゃないか!!!
 
イメージ 1
  旧市街には数えきれないほどのBARがひしめき合っているが、一軒目は
   ここ、GANDARIAS JATETXIA 
 
イメージ 2
             マスターと意気投合
 
イメージ 3
   好きなものを好きなだけ皿にとるスタイル。値段はどれも一つ2~300     円。一軒目でとばすと後が続かないので、控えめに。
 
イメージ 4
    楽しみにしていたアンギラス(うなぎの稚魚)だが、こちらスペイン   でも値段高騰でカニ蒲のような代用品で、残念。
 
イメージ 5
    上にのっているイクラは人工物でした。でも、美味。 
 
イメージ 6
    こちらはちょっとおしゃれなBAR「ZERUKO」、非常に凝ったピンチョスが出てきます。
 
イメージ 7
    うなぎモドキの上は、くり抜いたパンに卵。ごちそうさん。
 
イメージ 8
    これはうまかった!!。生ハム、イカ、ししとうの組み合わせ。
 
イメージ 9
    目の前で炭火で炙るスタイル。イカを炙ってパンに乗せ、
    試験管に入ったソースをかけて食べます。
 
イメージ 10
    手前はデザートのようですが、さにあらず。奥は生春巻きをまいた
    ねぎ。
 
イメージ 11
    美味しそうでしょ。是非、また行きたい。今度はもっとゆっくりと。
 
えー、ついでにご報告ですが、キネマ旬報読者賞を頂戴しました。淀川長治さんがかつて何度も受賞した賞です。光栄です。ありがとうございました!!

↑このページのトップヘ